椎間板ヘルニアがある人はこむら返りを起こしやすい

こむら返りは珍しい症状ではなく、ちょっと足に負荷をかけすぎたり、疲労やストレスが溜まっていたり、冷えや寒さなどで起こることもあります。

ただし、中には病気が原因でこむら返りを起こしやすい人もいます。

こむら返りが起こる病気は、糖尿病や動脈硬化などが挙げられますが、もう一つ椎間板ヘルニアの可能性もあります。

画像の説明

背骨は24個の椎骨で構成されていますが、椎骨の間にあるのが椎間板という軟骨です。

椎間板は椎骨の間に挟まることで、椎骨がぶつかったりこすれたりするのを防ぐ、クッションのような働きをしています。

つまりクッションのように柔軟性がありますが、これが何らかの原因で椎骨の間から飛び出したり膨れたりするのが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアになると、はみ出した椎間板が腰周りの神経を圧迫してしまうのですが、その神経の中には下肢につながるものもあります。

下肢につながる神経が圧迫されることで、ふくらはぎの神経が影響を受けてしまいこむら返りが起こるのですね。

また、椎間板ヘルニアになると腰が痛むため、背筋が曲がったり片方に体重をかけすぎたりして体が歪んでしまい、歩くときなど足に大きな負担がかかります。

この負荷によってふくらはぎの筋肉が疲労してしまうので、椎間板ヘルニアがある人はこむら返りを起こしやすいのです。

椎間板ヘルニアを判断するにはレントゲン検査などが必要ですから、腰が痛くてこむら返りも起こるという方は、一度整形外科などで診察してもらい適切な治療を受けましょう。