寝ている時に足がつる、こむら返り


画像の説明

足がつる、つまりこむら返りの症状は寝ている時に起こる人が多いのではないでしょうか。

激しいスポーツをしている方はその運動の最中に足がつってしまった経験がある人もいるかもしれませんが、多くの人は恐らく寝ている間にこむら返りを経験することになるでしょう。

成長期、激しい運動をしている人、妊婦さん、足の筋肉が弱っている人などなど、あらゆる人に起こる可能性があるこむら返り。

寝ている時というのは足が完全に伸び切っている状態です。

運動中であってもふくらはぎが伸びる瞬間に足がつるもので、睡眠中というのは常にこのような状態に足があると言えるのです。

つまり、いつつってもおかしくない状態で寝ているということなんです。

寝返りをうったりすることでこのふくらはぎが伸びている状態が解消される、もしくは筋肉に誤作動が起きず足がつらないというのが通常の状態なのですが、何かが狂ってしまった時にこむら返りというのは起こります。

これは全く予期できないことであり、毎日この症状に悩まされて眠れないという方も多くいるので、そうならないためにもしっかりとした予防策をとっておくことが必要となるでしょう。

観光などでたくさん歩いたり、営業職の人が外を歩き回ったりなどもかなり足に負担をかけています。

激しい運動だけではなく、とにかく足を使ったと実感した場合はストレッチなどを意識的に行い、そしてスポーツドリンクなどで水分と共に塩分やミネラルの摂取も忘れないようにしましょう。

これで大分寝ている時のこむら返りを防ぐことができるはずです。

これでも寝ている時に足がつってしまうという方はサプリメントを飲んだり寝る時にテーピングなどをして予防するという方法もあります。