サッカーで足がつる人にアドバイス


サッカーはとにかく足をたくさん使うスポーツですし、試合時間も長いので足がつりやすいスポーツです。

大事な試合中に足がつったら戦えませんから、足がつる人は事前に対策をとっておきましょう。

画像の説明

まず、基本となるのは毎日の疲れのケアです。

トレーニングで酷使したふくらはぎには、疲労物質が溜まっている状態です。これを放置してしまうと、筋肉の疲労はどんどん溜まり、試合で足を使っているときにつりやすくなります。

疲労を取るにはマッサージや入浴なども効果的ですが、栄養バランスのとれた食事や睡眠の質も重要です。

不規則な生活をしていると疲労物質の排出が滞ってしまうので、デトックスを促すビタミンやミネラル、筋肉のエネルギーとなるグリコーゲンを意識して摂取したり、質の高い睡眠を取るようにしましょう。


もう一つ重要なのは筋肉の柔軟性です。

筋肉が硬いと疲労が溜まっていなくても、血管が圧迫されて足がつります。

毎日のトレーニング前後はもちろん、試合前にもしっかりストレッチやウォームアップをして筋肉を柔らかく保てるようにしましょう。

また、試合前の水分補給はとても重要です。

気温が高い日は当然ですが、例え暑くなくても試合前にはたっぷり水分を摂取しましょう。

ただし、一気にたくさんの量を飲むとお腹ががぼがぼになって動きが悪くなってしまうので、数時間前からこまめに補給して、試合までに1リットルぐらいを目安に摂取するようにしてください。

これだけのことですが、きちんと実行すれば足がつりにくくなるので、足がつる人は是非実践してみてください。