ふくらはぎがつらないようにするには


ふくらはぎがつる根本的な原因は、血行が悪くなることです。

ただ、血行が悪くなる理由は人によって異なるので、つらないようにするにはその理由に合わせた予防策を行いましょう。

まず運動をするとふくらはぎがつるという方は、筋肉が疲弊して硬くなることが血行を妨げる原因になります。

筋肉への負荷を軽減するには、柔軟性を高めることが一番なので運動の前後にはしっかりストレッチを行いましょう。

ストレッチをすると筋肉が柔らかくなるだけではなく、伸縮性も高まるのでつりにくくなります。

毎日忙しくて食生活が不規則だったり、栄養バランスが偏ったりしている方はミネラルが不足しているせいでふくらはぎがつってしまいます。

ミネラルは、筋肉の柔軟性を高めるために重要な働きをしてくれるので、ミネラルを積極的に摂りましょう。

特にカルシウムは筋肉の収縮に関わっていますから、カルシウムと吸収を高めるマグネシウムを併せて摂るのがオススメです。

ただ、栄養素はいろいろな種類を摂ることでそれぞれの働きをサポートするので、栄養バランスが良い食事を心がけることも大事です。

そして、冷えはダイレクトに血行不良を引き起こしますから、足先だけが冷たくなる末端冷え性の方などはとにかく体を温めるようにしてください。

シャワーではなく入浴をする、しょうがやネギなど体を温める食べ物を取り入れる、マッサージで血行を促進するなどの方法で冷えを改善しましょう。

また、冷え性の方は筋肉量が少ないせいで熱を作る力が不足していることも多いので、ウォーキングやサイクリングなど軽い運動を取り入れるのも効果的です。