こむら返りは変形性腰椎症の時にも起こりやすい


画像の説明

身体を支えている重要な部位、腰部分の異変から、こむら返りが起こる可能性もあり、変形性腰椎症もそれに該当します。

この変形性腰椎症は、加齢と共に腰を支えている骨の間の椎間板、つまりクッション的な役割を果たしている部分が弾力性を失い、次第に骨同士がぶつかり合うようになることで発症します。

だいたい40歳代以降から起こると言われ、腰の周辺に鈍痛を感じたり、こむら返りを起したりします。

一般的には、動作を始める初期段階で強い痛みを感じ、動いていれば次第にラクになってきます。

変形性腰椎症による「こむら返り」の症状は、腰から下の筋肉が硬直することによるものです。

この変形性腰椎症は、必要部位をエックス線写真で撮影すれば、すぐに診断することができます。

基本的には老化が原因で起こる症状ですので、手術をすることはほとんどなく、痛み止めなどが処方される程度です。

そうは言っても慢性化すると日常生活で動くことがおっくうになってきますので、できるだけ症状が悪化しないよう、普段から腰の周りの筋肉を鍛えるように心がけたり、椎間板が必要以上に水分を失わないよう身体の中の保湿効果を高める栄養素が入った食品を摂ったりすると良いでしょう。

こむら返りや腰痛は、言ってみれば身体にガタが来ているというサインでもありますので、たかが「こむら返り」と思って軽く見ないで、日頃の食生活を見直したり適度な運動をしたりするなど、生活習慣を改めて、健康な毎日を送ることができるよう心がけましょう。