こむら返りのことを熊本弁で「からすまがり」

こむら返りとは、簡単に言ってしまうとふくらはぎがつった状態です。

これを熊本弁では「からすまがり」といいます。

語感で聞くと「カラス曲がり」と捉えてしまうかもしれませんが、漢字では「空素曲」と書きます。

からすまがりという呼び方も漢字にしてもまったく意味が分かりませんし、何からこのような呼ばれ方になったのか由来もはっきりしていません。

ただ、こむら返りには名前の由来があります。

画像の説明

こむらというのは、平安時代の言葉でふくらはぎという意味です。

ふくらはぎは、普通であれば内側に向かって緩やかな曲線を描いていますから、そこがつるということは反り返ったような状態になります。

ですので、ふくらはぎを指すこむらと返りを合わせてこむら返りと呼ばれるようになったのですね。

こむらの由来は、太ももは肉叢(ししむら)というので、ふくらはぎは太ももより小さな肉のかたまりで出来ていることから、小叢(こむら)と呼ばれるようになったと言われています。

ちなみに、こむらはこぶらという言い方もありますが、これはふくらはぎの肉が瘤のように盛り上がっているので、瘤と接尾語のらを合わせてと呼ばれていたようです。

こむら(こぶら)は、江戸時代後期になると使われなくなりました。

現代ではこむら返りの言葉の中にだけ残っていますが、時代は変わったのに「ふくらはぎ返り」と呼ばないのは、こむら返りの方が言いやすいからかもしれませんね。

ただ、若い世代だと単純に足がつったと表現する人が増え、こむら返りという言葉自体知らないという人も多いようですね。