こむら返りにシップや塗り薬は効果があるか?

こむら返りというのは、足がつる事と同じですが、筋肉の収縮異常を起こした状態です。

筋肉というのは歩く、立つ、座るなど日常生活の動作でも使っていますが、スムーズに動けるのは筋肉が動きに合わせて伸び縮みをしているからです。

運動中に汗をかき電解質のバランスが崩れた時、筋肉に過度の負担がかかった時にこむら返りを起こしますが、筋肉が緊張したまま固まるので強い痛みが出ます。

こむら返りを起こした場合の対処法は、緊張して固まったままの筋肉を伸ばして元に戻す事ですが、足を伸ばしてつま先を自分の方に引っ張るという簡単な方法で対処できます。

痛みがあるので捻挫や炎症を起こした時に使う、湿布や塗り薬を使えば痛みを鎮める事が出来そうに思えますが、こむら返りは筋肉の収縮異常なので湿布や塗り薬を使ってもあまり意味がありません。

画像の説明

血行不良が原因で体が冷えていると、筋肉も冷え硬くなるのでこむら返りを起こす原因になる事があります。

この場合は温めますが、温める目的で温湿布や貼るタイプのカイロを使うのは効果的です。

温湿布をお風呂に入る直前まで貼っていると、お風呂で体が温まったときその部分だけ熱さを感じ痛くなる事があります。

温湿布はお風呂に入る1時間前までに剥がしておきましょう、お風呂上がりも30分から1時間くらい経ってから使うようにします。


こむら返りの対処法でベストなのは、湿布や塗り薬ではなくマッサージやストレッチです。

ただし無茶をすると肉離れを起こす事があるので、マッサージもストレッチも力を入れずゆっくりと進めるようにしましょう。



また、最近では、こむら返りの原因解消に特化したサプリメント『こむらくだ』が好評のようです。

今までこむら返りに悩まされていた人が、このサプリメントを飲むようになって改善されたみたいです。

⇒こむら返りを予防するサプリはこちら