こむら返りには昼型と夜型がある

画像の説明

こむら返りというのは足がつる事を意味しますが、いつどのタイミングで足がつるかは個人差もあります。

これは原因によっても変わりますが、こむら返りには昼型と夜型があります。

昼型は主にスポーツ中などに起こりやすいのですが、原因もある程度わかっていますので、その場で適切な対処ができます。

考えられる原因としては、準備運動をせず急に激しい動きをした時、運動中に大量の汗をかき電解質のバランスが崩れた時、無理をして筋肉疲労を起こした時などです。

汗をかくと体の水分が失われますので水分補給が欠かせませんが、汗には体の中の塩分も含まれていますので、水だけをがぶ飲みしても意味がありません。

こういう時の水分補給は水分と塩分、糖分なども必要です。

塩分が不足すると体の電解質バランスが悪くなり、これが原因でこむら返りを起こします。

スポーツ中に足がつったら、スポーツドリンクを少しずつのんで、水分と電解質を整えましょう。

ストレッチは運動の前と後に行います。


一方、夜型は寝ている時に起こるこむら返りです。

夜型は筋肉疲労や冷えが原因となる事が多いのですが、中には病気のサインである可能性もあります。

寝ているときに体を伸ばそうとして足を伸ばすと、こむら返りを起こしやすくなりますので、足を伸ばすときは急に伸ばさず少しずつ様子を見ながらにしましょう。

寝起きにもこむら返りを起こしやすくなりますが、寝起きのこむら返りの中にも病気が潜んでいる可能性はあります。